読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の国からポケモンカード

ポケモンカードゲームのデッキ考察などをしています。

第一回ポケカ徒然草 ~サポートカードにフレーバーテキストが欲しい④~


XYシリーズのカードの半分くらいについて考えてきましたが、これだけで既に3回も使ってしまいました。いつSMシリーズのカードについて扱えるかわかりませんが、しばらくお付き合いください。


①アズサ

本編以外のソフトのキャラクターでありながらサポート化したアズサ。実戦でもそこそこ使われているカードです。

このカードにもフレーバーテキストを入れようと考え始めた時に、ある問題が発生。それは、

ポケモンバンク」という単語の扱い。

言うまでもなくポケモンバンクはカードとは無関係の要素。他のセリフにしようにも、彼女のセリフは少なく、セリフの殆どに「ポケモンバンク」という単語が。

そのため、どうしても『ポケモンバンク』という単語が入ってしまいました。これでいいのだろうか…


f:id:kento-myduffy-love:20170410165323p:plain


②サカキの計画

候補のセリフ:

今一度!最強のトレーナーサカキの腕前を見よ!


世界中のポケモンを悪巧みに使いまくって金儲けするロケット団!私がそのリーダーサカキだ!私に歯向かうなら痛い目にあってもらう!


全てのポケモンロケット団のために存在するのだ!


SMに入りククイ博士が登場しめっきり見なくなってしまいましたね…とは言え彼は悪の組織ボスの元祖。彼抜きにポケモンを語ることは出来ません。そんな彼についてもフレーバーテキストを考えました。セリフはそこまでないものの、候補はいくつか挙げられました。フルアート版が2つ存在する珍しいサポートで、折角なので2バージョン用意しました。

f:id:kento-myduffy-love:20170410165947p:plain

f:id:kento-myduffy-love:20170410170006p:plain


③カスミのやる気

初代のジムリーダーの中でも知名度の高いカスミですが、セリフは意外と少なく、ほぼ一択でした。

f:id:kento-myduffy-love:20170410170124p:plain


④タケシのガッツ

カスミ同様、セリフが少なくほぼ一択でした。

f:id:kento-myduffy-love:20170410170207p:plain


主に初代のキャラクターをメインに書きました。XYシリーズはいよいよ大詰め。最後の回は最も使われている2大サポート、プラターヌ博士とNで締めようと思います。

SMについてはその後にします。

一体いつになるんだ…



第一回ポケカ徒然草 ~サポートカードにフレーバーテキストが欲しい③~

前回に引き続き、サポートのSRにフレーバーテキストを入れていきます。


①AZ

候補のセリフ:

むかしむかし ほんとうに とおい むかし オトコと ポケモンが いた とても あいしていた……


えいえんの いのちを あたえられた ポケモンは しっていたのだろう 

いのちの エネルギーは おおくの ポケモンを ぎせいに していたことを 

いきかえった ポケモンは オトコの もとを さった……


愛する ポケモンを 生き返らせて 何が 悪いのか! その ポケモンが 蘇るならば ほかの ポケモンに 意味は 無い!


いきかえった えいえんの ポケモンは オトコの もとを さった オトコは おどろき かなしんだ あうために いきかえらせたのに……


ポケモン……

花の ポケモン……

永遠の 命を

与えられた 花の ポケモン……


AZのセリフもそこまで多くないです。また、そのうち彼の物語は長い上その一部を切り取ってしまうと何のことを言っているのかわからなくなってしまうため、フレーバーテキストには適しません。一番入れやすいのはAZとの初対面時の彼のセリフでした。

f:id:kento-myduffy-love:20170407102447p:plain


②ミツル

候補のセリフ:

ぼくの ポケモンたちも

ほんとうに ありがとうね


みんなの おかげで

また いっぽ さきに すすめた きがします!


やった…… ぼくの…………

ぼくの ポケモンだ……!!


ぼく……  きっと もっと ずっと ずーっと 強くなります!


ぼくの ポケモンたちも

ほんとうに ありがとうね


みんなの おかげで

また いっぽ さきに すすめた きがします!


⬇︎


調整を間違ったか…だとすると… あいつを… 


くっ……  ここで詰んだか……


圧倒的な可愛さで人気のキャラクター、ミツルくん。ゲームにおいて、彼は純粋無垢な少年からガチ対戦にのめり込む廃人と化してしまいます。


上記のセリフの変化を見れば一目瞭然。変化後の彼のセリフはイラストと全く合わない上ガチのプレイヤーへの露骨な皮肉であり、また『くっ……  ここで詰んだか……』なんてセリフはネタでしかありません。

そのため、純粋時代の彼のセリフのうち、ゲームの公式サイトでも使われているものを使うことにしました。
f:id:kento-myduffy-love:20170407110758p:plain


③ナギ

候補のセリフ:

とりポケモンと こころを かよわせ
いっしょに おおぞらを まい……

どんな くるしい しょうぶも
ゆうがに かってみせる……

さあ わたしと ポケモンが おりなす
かれいな まいを みせましょう!


そうして あなたは いつのひか
おおぞらに さえも とびたってゆく……  そんな よかんが します


カードでもゲームでもあまり目立たないキャラクター。この企画で紹介

する(する予定)のサポートの中ではおそらくイリマと並んで使われていない。

ゲーム中でのセリフも少ししかないのですが…どれもなかなかいいセリフなので、悩みました。悩み具合が他のカードとの比ではなかったので、2つ載せることにしました。

f:id:kento-myduffy-love:20170407175411p:plain

f:id:kento-myduffy-love:20170407175445p:plain

どちらがいいでしょうか?

①は対戦相手への勝利宣言のような感じがしますし、②は始めたばかりの人へのエールのような感じがしますね。


マツブサの隠し玉/アオギリの切り札
対となる2枚のため、まとめて記載します。セリフの候補については2人合わせるとそこそこの量となるため、割愛させていただきます。
セリフについても対のものを選びました。

f:id:kento-myduffy-love:20170407190711p:plain

f:id:kento-myduffy-love:20170407201339p:plain


それでは、今回はここまでとさせていただきます。思ったよりこの企画は長くなりそうです。セリフが半端なく多いNや、SMシリーズがまだですからね。今後もご覧になって頂ければ幸いです。次回もお楽しみに。


第一回ポケカ徒然草 ~サポートカードにフレーバーテキストが欲しい②~


お待たせしました。それでは、僕が勝手に作ったフレーバーテキストの案を載せていきたいと思います。


①フラダリ

候補のセリフ:

「人は二つにわかれる 与えるものと奪うものだ……! 

わたしは与える存在になりたい」 

「守る力・・・か。だが君はその力で何を守るのだ?昨日よりも悪くなる明日か?」 

「世界はやがて行き詰まる  すべての命は救えない

選ばれた人のみが 明日への切符を手に入れる」

フレア団以外のみなさん 残念ですがさようなら」

「すべてを 救う…  大それた 理想が 世界を 苦しめるのだよ」

「一つしかないものは  わけあえない  わけあえない  ものは奪いあう  

奪いあえば  たりなくなる  争わず  奪いあわずに美しく  生きていくには命の数を 減らすしかない 」


フラダリのセリフはどのセリフも結構インパクトがあります。ただポケカ自体がバトル(争い)なので、争い奪い合う人々に深い怒りと悲しみを覚えている彼の一部のセリフはプレイヤーに対する皮肉、揶揄と捉えられかねません。そんなことになっては彼が更にネタにされてしまうため、割と候補は絞れました。

というわけで、こんな感じに。

f:id:kento-myduffy-love:20170407012223p:plain

フラダリの決意に満ちた眼差しと、セリフがなかなかいい感じでマッチしてます。


フウロ

候補のセリフ:

「今度はアタシともっと楽しいことしましょう!」

「遠慮しないでいいのよ」

「アナタが どう 攻めてくるのか

すごく ドキドキしちゃうよね!」

「ネバーギブアップ です!

 戦う ポケモンに 失礼だもの」


フウロは数あるジムリーダーの中でもかなり人気のジムリーダーですが、セリフが特別多いという訳ではなかったです。候補のセリフは上記のようなものがありましたが、かなり際どいですね…

幸いBW2にていい感じのセリフがあったので、こうなりました。f:id:kento-myduffy-love:20170407014809p:plain

こんなカードがあったら、ピンチになった時に勇気を与えてくれそうですね。


③ダイゴ

セリフはほぼ一択でした。

f:id:kento-myduffy-love:20170407020221p:plain

ダイゴさんといえばこのセリフですよね。


④コルニ

候補のセリフ:

「コルニ 参上!」

メガシンカとは 進化を超える進化なんだ!」

「命、爆発!!」 

コルニのセリフもいくつか候補がありましたが、イラスト的にはやっぱり「命、爆発!!」 ですね。

f:id:kento-myduffy-love:20170407024220p:plain

イラストからもセリフからもエネルギッシュさが溢れ出てます。


クセロシキ

クセロシキはゲーム内でのセリフがあまりなく、ほぼ一択でした。

f:id:kento-myduffy-love:20170407025714p:plain

「相手ポケモンについているものに干渉する」という効果をもつので、このセリフはなかなかマッチしていると思います。


まだまだ紹介したいものはたくさんありますが、記事が長くなるため今回はここまでとさせていただきます。次回もお楽しみに!


閲覧していただきありがとうございました。




第一回ポケカ徒然草 ~サポートカードにフレーバーテキストが欲しい①~

f:id:kento-myduffy-love:20170407030728j:plain

僕がこのブログを始めてまだ1日しか経っていませんが、早くも新コーナーのスタートです。この「ポケカ徒然草」では、僕がなんとなく思った、ガチ対戦とはあまり関係のない話題について語っていきたいと思います。


某日。Twitterにて、こんなツイートを見つけました。


なるほど。それはおもしろいアイデアですね。

そもそもフレーバーテキストとは?

文章(テキスト)欄に書かれている、ゲームのルールとは直接関係のないそのカードの背景設定や世界観を表現した文章

(引用元:http://d.hatena.ne.jp/keywordtouch/%A5%D5%A5%EC%A1%BC%A5%D0%A1%BC%A5%C6%A5%AD%A5%B9%A5%C8

のことです。


僕が小学生の頃、コロコロコミックの影響を受けて遊んでいたデュエルマスターズのカードを例に見ていきましょう。こんな感じになっています。

 ①                                        

 f:id:kento-myduffy-love:20170406230154p:plain

 f:id:kento-myduffy-love:20170407002819p:plain

 ③                                     

 f:id:kento-myduffy-love:20170407002914p:plain

 f:id:kento-myduffy-love:20170407002957p:plain

赤枠の部分がフレーバーテキストです。

①のようにカッコイイ一言が書かれていたり、②のように背景ストーリー上での出来事が書かれていたり、③のようにセリフが書かれていたりします。

中には④のようなユーモアに溢れたものも…


③のキャラクター、グレンモルトのセリフはアニメ「ポケットモンスターXY特別編 最強メガシンカ」及びポケットモンスターXY&Z」でのアランのセリフ


「我が心に答えよ、キーストーン!進化を超えろ、メガシンカ!!」


のような感じがしますね。

おっと、脱線しかけました。話を戻しましょう。デュエマに限らず、他のTCGでもこのようなフレーバーテキストはあるようです。

では、ポケモンカードゲームではどうか。一応、ポケモン(EX/GX以外)のカードにも似たようなものがあります。

それは、ポケモンのデータ」です。こちらをご覧ください。

f:id:kento-myduffy-love:20170407203427p:plain

赤枠で囲った部分に、ポケモン図鑑におけるポケモンのデータが記されています。対戦には影響しない部分なので、これもフレーバーテキストと言っていいでしょう。


しかし、トレーナーズはどうでしょうか。

f:id:kento-myduffy-love:20170407003149p:plain

ご覧の通り、書いてあることはエキスパンションなどの例外を除き、全てルールに関係するものばかりです。


グッズやスタジアムはあくまで「モノ」や「場所」です。しかし、「サポート」は、ポケモンと同じ「キャラクター」であり、「生きた」存在です。

ポケモンだけでなく魅力のある人間のキャラクターも、ポケモンというコンテンツを面白くしている1つの要素なのは言うまでもありません。

そんな人間のキャラクター達の魅力をより引き立てるためには、サポートカードにもフレーバーテキストの記載をしたほうがいいはず。そこで、これまで登場したサポートカードに

「勝手に」

フレーバーテキストを入れてみたいと思います。

ただし、次の条件をつけます。

①ビジュアルの観点からこれまでにSRが出たカードのみ考察の対象とする

②セリフはゲーム内でのもののみとする

③イラストとイメージの合うセリフにする


…ですが、記事が大変長くなりましたので、フレーバーテキストの考察については次回②に回します。すみません…



シェイミEXとカプ・テテフGXがよく比較されている件


(ご覧の機種によってはフォントサイズが合っていないかもしれませんが、調整の仕方がわからずそのままとなっております。少々見づらいかもしれませんが、ご了承ください。)



f:id:kento-myduffy-love:20170405102455j:plain

↑登場以来、数々のデッキで採用されてきたシェイミEX。大会上位入賞者のデッキには必ずと言っていいほど採用されていました。


…そしてSMシリーズに入ってからも相変わらず使われ続けているシェイミEX。そんな彼女の前に、強力なライバル(?)とも言うべきカードが現れた…それは。


f:id:kento-myduffy-love:20170405102955j:plain

カプ・テテフGX。テキストを見ると強いことしか書いてませんね。

サポートをサーチする特性とルギアEXと同じ、エネルギー拘束のないワザ。そして、超タイプのデッキ限定になるものの2体を全回復するGXワザを持ちます。

超タイプという点も強力です。ソーナンスの特性下でも特性が機能しますし、次元の谷で1エネからでも起動できたりしますからね。

また、HPが高い上に弱点はなしと、かなり打たれ強いです。


それに比べシェイミEXは攻撃性能が低いです。そのためベンチに出した後は役割をほぼ失ってしまいます。

さらにEXのため倒されるとサイド2枚を与えてしまいますね。HPが低いせいで尚更倒されやすいです。

「フラダリ、シェイミ

という言葉と共にサイド2枚取られてゲーム終了…という経験をされた方も多いはずです。

しかしカプ・テテフGXはそういった事態になりにくく、しかもいざと言う時のサブアタッカーまでこなしてくれます。


シェイミカプ・テテフは、

・ハイパーボールさえあれば手札事故を解決できるため事故回避になる

・ワザにエネルギーのタイプに制限がなく、ダブル無色エネルギーに対応している 

・↑の理由により入るデッキを選ばない

など似ているところが多いです。


そのため、このカードが発表された時、シェイミと比較した人は少なくないはずです。果たして、実際のところどうなのでしょうか?


シェイミカプ・テテフそれぞれの特徴〉

事故回避カードとして両者を見るのであれば、確実にドロサポにアクセスできるカプ・テテフのほうが強いかもしれません。


シェイミにはカプ・テテフにできないことがあります。

それは、


『サポートを使わなくてもドローできること』


です。

その後更にドロサポを使ったりもできますから、カプ・テテフ以上に多くのカードに触れることができます

そのため、高速でデッキを回したいデッキでは、シェイミのほうが向いています。

この種のデッキには可能な限り多くのポケモンをトラッシュに送る必要があり、直接アクセスするのが難しいダブル無色エネルギーを持ってくる必要がある【よるのこんしん】ビークインや、

大量にポケモンを並べたり、スタジアムやソウルリンクなどのパーツを揃える必要がある【白レック】【Mサーナイトなんかが該当しますね。

いずれも、早期に盤面を完成させたいデッキです。


一方、カプ・テテフは確実にドロサポにアクセスできますので、単に事故回避をしたいデッキと相性がいいです。

また、プラターヌ、N、リーリエなどの使い分けがしやすくなるので、「プラターヌと切りたくないカードがセットでハンドにある」という別な意味での事故にも対処できます。あとは、終盤必要なサポートにアクセスする使い方もできますね。これは、他のデッキのコンプレッサー→サーチャーの動きと少し似ています。



まとめると、

早期に盤面を完成させたいデッキはシェイミEX

事故回避をしたいデッキであればカプ・テテフGX

の方がより相性がいい、ということになります。




ですが、この2枚を併用すると、

例えば、

カプ・テテフでドロサポをサーチ    し、ドロー→その後シェイミで更にドロー

シェイミでサポートを使わずドロ  ーしまくる→その後カプ・テテフを出してドロサポ使い更にドロー、または妨害サポートを使い相手を妨害


などの動きができたり、あとは様々な盤面に対応しやすくなったりします。

そのため、結局は併用した方が強い動きが出来ますね。実際、宮城大会でも多くのデッキで両者がどちらも採用されていました。それらの配分については、デッキの種類によって考えなければならないですね。












MサーナイトEX デッキ ~黒き魔女に魂を捧げよ~


(ご覧の機種によってはフォントサイズが合っていないかもしれませんが、調整の仕方がわからずそのままとなっております。少々見づらいかもしれませんが、ご了承ください。)

[更新 2017年4/12 (火)]

f:id:kento-myduffy-love:20170405001942p:plain

デッキレシピの紹介は初になります。慣れないところもありますが、頑張って書いていきます。


SM環境でも活躍する言わずと知れた強M進化ポケモン、MサーナイトEX。


シェイミフーパといった置物を処理し特性を使い回す動きができることは他のデッキにない個性です。この動きでサポートなしでもかなりの量のドローが可能です。




では、デッキレシピの紹介に入りましょう。


           f:id:kento-myduffy-love:20170405011331g:plain           f:id:kento-myduffy-love:20170405011205g:plain


 ポケモン 17

MサーナイトEX(XY11) 3

サーナイトEX(XY11) 4

フーパEX(XY7) 2

シェイミEX(XY6) 4

カイリューEX(CP6) 1

カプ・テテフGX(SM2) 1


オドリドリ[ふらふら](SM1+) 

オドリドリ[まいまい](SM1+)

ウソッキー(SM1+)

この中から2枚


サポート 12

プラターヌ博士 2

N 2

フラダリ 2

AZ 2

オカルトマニア 2

マオ 1

フウロ1


グッズ 20

ハイパーボール 4

バトルサーチャー 4

サーナイトソウルリンク 4

すごいつりざお 1

レスキュータンカ 1

フィールドブロアー 1

こだわりハチマキ 1

あなぬけのヒモ 1

まんたんのくすり 2

トレーナーズポスト 1


スタジアム 4

次元の谷 4


エネルギー  7

基本フェアリーエネルギー 7


[解説]


ポケモン


フーパEXのバンデットリングで展開しつつ、シェイミEXでドローしたりサポートを使ったりしながらソウルリンク、次元の谷、エネルギーなどの必要なパーツを集め、2ターン目にはMサーナイトの攻撃態勢に入りベンチを空けるのが理想の流れです。次の相手のターンに受けたダメージはまんたんのくすりで回復して再び攻撃します。そして、トラッシュしたポケモンカイリューEXの特性やすごいつりざお、レスキュータンカで回収して再利用します。


・MサーナイトEX

f:id:kento-myduffy-love:20170412004352p:plain

フェアリー/超の2つのタイプをもつ、デュアルタイプのM進化ポケモンです。弱点を突けるタイプが多く、ドラゴンタイプと一部の闘、超タイプのポケモンに対して弱点を突けます。ワザ「ディスペアーレイ」は、次元の谷に対応しており1エネから使うことができます。ワザの威力はベンチポケモンをトラッシュした数×10ダメージ上昇します。この時にシェイミEXやフーパEXなど、出した時点で役割を終えたポケモンを処分できるので、自身の負け筋を消すことが可能です。


サーナイトEX

f:id:kento-myduffy-love:20170412105224p:plain

進化元となるサーナイトEXは、M進化できなかった際のリカバリーをしやすくするためXY11のものを採用しました。リンクブラストはガマゲロゲEXやビークインゾロアークなどのダブル無色エネルギーで動くポケモン相手に大ダメージを狙えます。それ以外のポケモンでも、タイミングさえ合えばエネルギーの枚数が同じになっていることも多いです。闘魂のまわしよりこだわりハチマキをつけるケースも多いため、リンクブラスト2回で倒せる場面もあります。


フーパEX

f:id:kento-myduffy-love:20170412110223p:plain

このデッキの展開役です。特性でサーナイトEXを並べ、さらにシェイミEXをサーチしデッキを高速回転させます。その後はディスペアーレイでトラッシュへ送ります。高い展開能力を持ちますが、逃げエネが重たいためグッズロック系のデッキだとフラダリで引きずり出され、時間を稼がれる恐れもあります。そういったデッキを相手にした際には出すこと自体を控えるか、すぐにAZで回収、あるいはAZを持っておいたほうがいいです。


シェイミEX

f:id:kento-myduffy-love:20170412111700j:plain

特性でドローします。山札を引けるだけ引いて、エネルギー、ソウルリンク、次元の谷などの起動に必要なカードを集めます。フーパ以上に倒されやすいので、ディスペアーレイで早急に処分します。


カイリューEX

f:id:kento-myduffy-love:20170412112720p:plain

すごいつりざお→ハイパーボールの流れをたった1枚でこなしてしまう強力なポケモンです。ここからフーパカプ・テテフシェイミに繋げ特性を再利用しサーチやドローを行えます。出した後はディスペアーレイで処分します。逃げエネは3と、このデッキのポケモンの中で最も多くグッズロック系のデッキだとフラダリで狙われます。不用意に出さないことはもちろんですが、カイリューでスタートしてしまった場合のリカバリーも考えておきましょう。


カプ・テテフGX

f:id:kento-myduffy-love:20170412113925j:plain

サポートをサーチする特性を持つポケモンです。ドロー系サポート(以下ドロサポ)をサーチして事故回避できますし、AZやオカルトマニアなどピンポイントで使いたいサポートが格段に使いやすくなります。基本的にはディスペアーレイで処分しますが、逃げエネが軽く次元の谷対応のワザを持つため全く役立たずという訳でもなく、レジアイスやグレイシアEXにロックされた場合に数少ない突破手段になります。


以下の3枚は環境に合わせてかなり頻繁に変えています。

オドリドリ(ふらふら)

f:id:kento-myduffy-love:20170412115146j:plain

エネルギーを2枚サーチできます。山札圧縮に繋がる他、まんたんのくすりを使って回復しやすくなります。


オドリドリ(まいまい)

f:id:kento-myduffy-love:20170412115332j:plain

よるのこうしん対策カードです。その他のデッキでも、打点調整役として利用できます。


ウソッキー

f:id:kento-myduffy-love:20170412115458j:plain

様々なデッキに対して刺さる、ベンチを制限するポケモンです。特に白レックやレインボーフォースはこのカードがないとほぼ勝てません。


これらのカードは壁として利用でき、特に白レック、よるのこうしん、レインボーフォースなどの後攻1ターン目からEXをワンパンしてくるようなデッキだと特に重要な存在になります。


トレーナーズは工夫した点のみについて解説します。

・サポート


・AZ

f:id:kento-myduffy-love:20170412120517j:plain

このデッキには出した時に使える特性が多く、積極的に再利用したいため、2枚入れました。ソウルリンクが余っている際にはMサーナイトを回収することもあります。そのように使う場合は、次の弾で登場するアセロラの方が便利ですが、今後アセロラを採用するかどうかは未定です。


・オカルトマニア

f:id:kento-myduffy-love:20170412120858j:plain

基本的にはオカルトマニアを使って番を終えるのが理想なので、2枚採用しました。ドローはシェイミに任せるため、使う余裕は多いです。対ゲロゲジュナイパーボルケニオンでは使うタイミングが勝ち負けに直結します。


・マオ

f:id:kento-myduffy-love:20170412121527j:plain

シェイミと組み合わせることで、好きなカード2枚を手札に加えることができます。エネルギー、ソウルリンク、次元の谷など起動に必要なカードの多いデッキなので、かなり使いやすいです。また、まんたんのくすり+エネルギーをサーチする動きもできます。ただ、このカード1枚だけだとあまり効果がありません。安定性を重視する場合はプラターヌ博士、N、リーリエ、フウロなどに変えてもいいでしょう。


・グッズ

サーナイトソウルリンク

引く確率を上げ、サイド落ちを警戒したため4枚に。この枚数であれば、びっくりメガホンやフィールドブロアーで剥がされても立て直しが効きます。


・レスキュータンカ

トラッシュにあるポケモンを1枚手札に戻すか、3枚山札に戻せます。状況に合わせて選択できるのは強いです。手札に戻す場合は特にカイリューを回収します。


・フィールドブロアー

後述するこだわりハチマキと組み合わせるため、びっくりメガホンよりもこちらを選択しました。


・こだわりハチマキ

フィールドブロアーでソウルリンクを剥がし、こちらに付け替えることでディスペアーレイの素の火力が140となり、EX/GXのワンパンが現実的になります。


・まんたんのくすり

次元の谷により1エネで行動を取れるため、相性がいいです。中打点主体のデッキとのダメージレースに勝ちやすくなります。


・スタジアム

とにかく引きたいので次元の谷4枚となりました。


・基本エネルギー

8枚では多く、6枚では少なかったため、この枚数になりました。

    

現在も試行錯誤を繰り返しており、まだまだ改善の余地はありますが、参考にしていただければ幸いです。